大川の家 (岐阜県岐阜市)
完成予定:2018年2月

岐阜県岐阜市に計画した個人住宅。かつて農地が広がっていた周辺も開発が進んでいき、商業施設やオフィス、住宅などが混在する場所へと徐々に変わっている。それに伴い地面の土はコンクリートやアスファルトへ、どんどん変化している。

この敷地は西面を除いた三方が道路に囲まれている。東は大通りに抜ける抜け道となり、北、南は袋小路となった道路。そんな敷地に方角の優劣は付けず、建物を敷地境界線から同じ距離ずつセットバックさせ、植栽で緩やかにプライバシーを守りながら、庭を周辺に開く計画を行った。それにより周辺が農地だった歴史を呼び戻すとともに、コンクリートやアスファルトの景観から脱却したいと試みている。

住宅は床を三層のスキップフロアで構成し、徐々に上がる床によりプライバシーの強弱をつけた。1階にはダイニングキッチン、2階には寝室。中二階にはリビングがあり、その場所に各階の視線が集約する計画となっている。ダイニングキッチン、リビングにはそれぞれ大きな窓を設け、拡がりを増幅しつつも、庭の植栽でプライバシーを守っている。

家族と家族、家と周辺、今と昔。それぞれが少しの繋がりを感じることで、豊かな空間になっていくのではないかと考えている。

用途 : 戸建住宅

構造 : 木造2階建て

建築面積 : 58.58m2

延床面積 : 104.36m2