豊かな空間に想うこと


少しの余剰を空間の中に作ることで豊かな空間になると思っています。

もちろん動線などを合理的にプランの中に納めることで、家事労力を最小限に抑えるも可能です。しかしこれからとても長い時間をかけて住んでいく家が、合理的なだけで終わってしまうのは少し寂しい気もします。

一歩二歩、動線が長くなることで空間が豊かに変貌するのであれば、そういった家に住む想像を一度してみるのも家づくりでは大切なことだと思います。