多気西の家 (愛知県小牧市) 

完成 : 2021年

愛知県小牧市にある市街化調整区域にある田んぼに囲まれた敷地に建つ住宅の計画。

北側道路の敷地の周囲には一つ挟んだ東側が企業の駐車場、その他の周囲は点々と住宅が建っている。敷地の現況、隣地は田んぼである。市街化調整区域のため大規模に開発されることはないため、住宅を建設すれば光や風の確保は約束される。反面、外部から覗かれやすい状況に置かれるような場所でもある。さらに今回の要望での予算が非常に限られたものであるため、その中で大掛かりにならず、どのように住まいを構築するかが課題となった。

 

南北に長い敷地に対して、東側に庭が出来るように西側に寄った細長い住宅を考え、一定の視線が懸念される東側の駐車場からの視線をカットするために唯一フェンスを設ける。それらにより南北からの室内への視線は庭と平行にまっすぐ伸びやすくなり、大幅にプライバシー性が増しつつ、南北への視線の遮断がなくなるため、周辺に対しても開けた印象をもたらすと考える。

そこから多くの部屋が最大限、東や南の光を得られるように3640の幅で建物を設定し、奥行は予算とのバランスで得られる最大床面積を2層で除して設定した。その3640の幅のうち910を廊下/居室(の一部)/広縁の3つを兼ねるような用途を持たした。その場所の壁や床を他の部分に比べ明るい色に設定することで居室よりも明るい状態を作り出し、廊下/居室/広縁に目が行き、さらにその奥に拡がる庭に目を向けて拡がりを感じることができる。また階段を介して、ダイニングキッチン、和室、リビングを断面的に視線でつなげ内部同士の拡がりも作っている。

なるべく流通サイズを使用、転用できるように建物のボリュームは抑えている。このことは何もなかった場所に建物が建つことへの圧力を極力抑えることにもつながる。

限られた予算や床面積の中で壁に囲まれた部屋をつくり、さらに広さを感じることは中々難しい。壁の必要な部分、不必要な部分を整理し、プライバシーを守りながら外へ開いていくことで床面積という枠から飛び出した広さを持った住宅となっていくのではないかと考えている。

用途:戸建住宅

構造:木造2階建て

建築面積:51.35㎡

延床面積:102.70㎡(1階2階共51.35㎡)

模型写真:border design architects